//]]>
OUR SOLUTIONDIGITAL MARKETING


ニュースリリースはこちら

電通テックが、「LINE ビジネスコネクト」の販売代理店となりました。LINEをプロモーションに使用することでキャンペーン参加者を増やしたり、広告主のデータベースと連携して、生活者一人ひとりとより深い関係づくりをはじめることができます。

「LINE ビジネスコネクト」をプロモーションで活用

各種データベースとのAPI連携により、「LINE ビジネスコネクト」を活用したサービスを提供。プロモーションの課題解決に役立てます。

<領域別の活用イメージ>

◆「オンオフ統合プロモーション」における活用 ストアの会員カードと連携、過去の購入履歴にもとづいてオススメの商品やセール情報、クーポンを送信して来店促進。さらにLINE BEACONを組み合せて来店時案内を強化など。

◆「CRMプログラム」における新たなしくみ メール開封率の低下を補うため、自社会員IDとLINE IDの連携を促進。ユーザー嗜好に沿った情報配信に加えて、インセンティブにはLINEミュージックなども活用して関係性強化へ。

◆「ダイレクトマーケティング」におけるサポート施策 従来季節ごとに行ってきたDMやコールセンターのアウトバンド施策をLINEへリプレイス。郵送費分をクーポン原資に割り当て、定期購入客化を積極推進。

◆「生活者のブランド体験向上」に向けて フォトコンテスト、サンプリング応募、体験イベントの申込等、ブランド体験のエントリーフォームに。

キャンペーンサービス「Cam-D(キャンディ)」での活用

「LINE ビジネスコネクト」をキャンペーンのデジタル化サービス「Cam-D(キャンディ)」の拡充メニューとして、以下のサービスを提供します。LINE上でキャンペーンを実施することは、応募をしやすくするとともに、商品・ブランドと生活者との継続的な関係構築が期待できます。

LINE上での「キャンペーン応募」サービス

レシートを撮影してLINEで送るだけで簡単に応募できるマストバイキャンペーンの実施が可能です。ユーザーにとって身近なLINEを活用することで応募しやすく、もっと参加したくなる販促キャンペーンを実現します。


CASE STUDY

キャンペーンの応募~その後の関係づくりまでLINEで一気通貫!
アカウントのトーク画面上でレシート写真を送って応募するキャンペーンを実施。参加の手軽さから応募者が増えただけでなく、当落通知やアフターフォローもLINEで送ることで、開封率がアップしました。


LINE上での「キャンペーン・チャット事務局」サービス

チャットbotを使用した自動応答、オペレーターによる個別対応で、生活者の疑問をLINEで解決できるサービスを提供します。


CASE STUDY

LINEでキャンペーン事務局を開設しコスト削減! キャンペーンで想定される「よくある質問」をアカウントのトーク画面で送ると、 自動応答で答えてくれるLINE事務局を開設し、コストを削減。 トーク内容を分析することで、次回のキャンペーンにも活かすことができた。

STAFF VOICE

生活者との継続的な関係構築を、“1to1”でご提供します/デジタルマーケター・上級ウェブ解析士 高橋潤平

日々新しいコミュニケーションサービスが登場し、その使われ方もサービスごとにめまぐるしく変化しています。企業・ブランドと生活者との関係においても、双方向であることにとどまらず、生活者ひとり一人の属性・過去のブランド体験・購入履歴などを踏まえた“1to1”のコミュニケーションが必要ではないでしょうか。
生活者のもっとも身近なコミュニケーションサービスの1つであるLINEで、様々なデータを活用した継続的な顧客エンゲージメントをお手伝いいたします。

生活者との継続的な関係構築を、“1to1”でご提供します/デジタルマーケター・上級ウェブ解析士 高橋潤平