NEWS

デジタル×リアル連動で顧客育成に効果を発揮する パーソナライズドDMソリューション「Direct→One」を提供開始
―既存のMAツールとAPI連携し、DMを自動で印刷・発送―

2019年9月3日
株式会社電通テック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:松原 靖広)は、企業のCRM活動において、マーケティングオートメーション(以下MA)を活用したデジタル施策とダイレクトメール(以下DM)などのリアル施策を連動させることにより顧客育成に効果を発揮するパーソナライズドDMソリューション「Direct→One」の提供を開始します。

「Direct→One」は、企業で既に導入されているMAツールとAPIで連携が可能で、顧客データ分析に基づきパーソナライズされた情報とタイミングでDMの印刷・発送までを自動化。CRM活動におけるターゲティングからコミュニケーションの設計・実行までをワンストップで提供するソリューションです。
 
 
多くの企業がマーケティング活動でMAを導入し、メールマガジン配信などを通じたコミュニケーションに活用しているものの、ユーザーの反応が得られない、その効果が発揮できない、といった課題を抱える企業も増えている現状があります。そこで、DMの開封率や保存率の高さに着目、リアルなコミュニケーションツールであるDMを組み合わせることにより、顧客の行動喚起を高めることが可能となります。

「Direct→One」は、デジタルの利点とリアルの利点を掛け合わせることで、顧客の育成やエンゲージメント向上を実現します。

本ソリューションの特長
● MAツールとの連携により、ターゲットに応じたパーソナライズドDMを生成
MAを活用した顧客データ分析に基づき、一人ひとりに予め設定されたシナリオに応じて顧客が欲する最適な情報を把握、パーソナライズされたクリエーティブとオファーでコンテンツを刷り分けるバリアブル印刷や、ユニークな二次元コードの刷り込みによるレスポンス計測が可能です。また、導入済みのMAツールとAPI連携も可能です。

● タイミングを逃さず、オーダーから最速24時間で投函
顧客の行動に応じた最適なタイミングでオーダーを発動、オーダーから最速24時間で自動的にDMを印刷・郵送するスピード運用が可能です。

● 印刷・郵送費の定額単価制の実現
DMの印刷費と郵送費は定額単価制を導入。一定期間内に使用するDM数を予め設定し、その通数内であれば一通当たり単価を同一額で提供可能なため、PDCAを回しながら定期的に単価の見直しや顧客一人当たりのコスト管理も容易となります。また、CSVデータによる手動運用での実証実験からスモールスタートができ、効果を実感いただいてから本格導入することも可能です。
 
このようなサービス展開により、MAと連携したリードナーチャリングDM、カート落ちフォローDM、AIを活用し顧客の趣味嗜好を予測・レコメンドする購買予測DMなど、マーケティング課題に応じた多様なニーズに応えてまいります。

当社はこれまでもWEBやSNSなどのオンラインと、店舗の販促ツールやDMをはじめとする印刷物などのオフラインを統合したプロモーション施策を提供してまいりました。この度の「Direct→One」の提供開始により、オンラインとオフラインを融合したOMO (Online Merges with Offline)起点でのソリューションの拡充と企業のCRM活動の支援を強化してまいります。

■「Direct→One」の具体的な活用例について
 プロモーション領域の課題に結果を出す解決策「TEC Solution SHOWROOM」
https://www.dentsutec.co.jp/showroom/direct-one/

※仕様・通数により変動。1日の投函数が多い場合や休日期間など最速対応できない場合があります。

<個人情報の取り扱いについて>
 電通テックは、以下プライバシーポリシーの個人情報保護方針に基づき、個人情報保護
に関するマネジメントシステムを実行し、全役員および全社員が一体となって個人情報
の適切な取り扱いを実現します。
・ プライバシーポリシー:https://www.dentsutec.co.jp/privacy/
<サービスに関するお問い合わせ先>
株式会社電通テック
第2デザイン&プロダクトセンター プロダクトビジネス開発部
中川和胤・丸塚浩司・小林英介 TEL:03-6257-8208

<リリースに関するお問い合わせ先>
事業企画室 コミュニケーションデザイン部
星田紀子、内藤詩緒 TEL:03-6257-8100
MAIL:kouhou@dentsutec.co.jp