OUR SOLUTIONDIGITAL MARKETING
ニュースリリースはこちら

生活者は、様々なパーソナルデータ情報を一つのIDで一元管理できるとともに、その公開範囲や提供先を自ら選択し、それに応じた各種ベネフィットを受けられるようになります。 一方で企業は、生活者の許諾のもと、高度化するマーケティング課題解決に向けてパーソナルデータを利活用でき、自社で1st Partyデータを管理・運用するリスク・コストからも解放されます。