OUR SOLUTIONINTEGRATED PROMOTION
ニュースリリースはこちら
サービス詳細、お申込みはこちら

事業者とイベント参加者・施設利用者の双方が簡便に利用可能

イベント事業者の活用はもとより、各店舗を管理するチェーン店本部を含め、常設の大規模商業施設、競技場、テーマパーク、飲食店などにおいても簡便かつ安価に導入可能です。スマートフォンから事業者専用WEBページにアクセスし、起動されたカメラからイベント参加者・施設利用者のQRコードを読み込むだけで、来場日時の記録ができます。 またイベント参加者・施設利用者はアプリダウンロード不要で、電話番号さえあれば事前もしくは現地で登録ができるため、ITリテラシーを問わず幅広い年代に対応が可能です。

なお、当社が個人情報の取得主体となり、厳重なセキュリティのもと濃厚接触の可能性のお知らせのみに利用・管理いたしますので、導入された事業者に責任が及ぶことはございません。

電話番号登録画面(サンプル)

QRコードでイベント参加者・施設利用者やスタッフの入場記録を一括管理

QRコードにより、単発・長期問わず、イベント参加者・施設利用者のほか、スタッフや協力会社を含む全関係者の入退場記録も同じシステムにて一括管理でき、管理の負荷を軽減できます。また複数店舗を持つ事業者は、店舗ごとにチェック地点を設定することも可能です。

濃厚接触の可能性があるイベント参加者・施設利用者をシステムで抽出し、迅速に対応可能

万一の新型コロナウイルス罹患者発生時には、同時間帯に会場にいたなど濃厚接触の可能性があるイベント参加者・施設利用者をシステムで抽出し、迅速にショートメッセージサービス(SMS)で注意喚起連絡を行うことができます。

また、行政機関等から接触者の電話番号リストの提出依頼があった際には、収集したイベント参加者・施設利用者リストから濃厚接触者の可能性リストを抽出し、当社から提出いたします。(行政機関等からの要請があった場合に限ります)

※商標登録出願中
※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

CASE STUDY

イベント、セミナー、劇場、コンサート、シアターの入退場時に活用

来場者には、入退場時にチェックインQRコードを提示していただきます。スタッフのスマホからスタッフ専用ページにアクセスし、来場者のQRコードを読み込むことで、チェックイン情報(入場時間、退場時間)を保存していきます。チェックイン情報を保存する地点は複数設置可能なため、会場内でエリア分けされているイベントにも対応できます。

CASE STUDY

商業施設、飲食店にて長期間利用でき、店舗ごとのチェック地点設定も可能

単発のイベントだけでなく、商業施設や飲食店などで長期間ご利用いただくこともできます。入退店時のいずれか1回、QRコードの読み込みを行うことで、コロナ羅患者が来店した同じ日の来店者に向けて注意喚起の連絡を送ることができます。また複数店舗をお持ちの事業者様には、店舗ごとにチェック地点を設定することも可能です。

CASE STUDY

スポーツジム、スイミングスクールでも、接触者リストを抽出

濃厚接触を引き起こす可能性が高いとされるジムやスイミングスクールでも、ご利用いただけます。来店者の連絡先(電話番号)と時刻だけが記録されるシンプルな仕組みのため、リストの抽出が簡単にできます。電話番号さえあれば登録ができるため、幅広い年代に対応ができます。

STAFF VOICE

万が一に備えた「やさしい」セーフティネット
/UXプロデューサー 吉田侑司

withコロナの時代におかれても経済活動を再開し、イベントに参加するお客様、飲食店に来店するお客様の不安を少しでも減らすことができればと思い、このサービスを開発しました。専用アプリのインストールやメールアドレス登録といった、ちょっと難しくて、ちょっとめんどうな作業は必要ありません。携帯電話の番号を入力するだけでご利用いただけます。万が一の不安を解消することで、少しずつでも街に元気と活力が生み出されていくことを願っています。

万が一に備えた「やさしい」セーフティネット/UXプロデューサー 吉田侑司