SAITO SHUNSUKE SAITO SHUNSUKE

プロデューサー(総合職)

SAITO SHUNSUKE

SAITO
SHUNSUKE

グローバルビジネスプロデュース室 / 生産工学部 マネジメント工学科 / 2019年 新卒入社

スピード感!

初速を大事に、まずは一歩踏み出してみることを大切にしています。あとは「自分ならできる」と思い込むようにしています。

さまざまなアルバイトをしていました(飲食、レジャー施設、配送、印刷、制作など…) 。 大学4年生の頃はイベント運営に熱中し、キャンパス以外は、ほとんどイベント現場にいました。 当時、さまざまなアルバイトで吸収した知識や経験が、入社後の業務で活用できたこともあり、アルバイトが最も多くのことを学んだ場だと思っています。学業の面では海外留学やビジネスプランコンテストなどに力を入れていました。

”創る”と”造る”ができる会社だからです。デジタルの急激な発展と進化の中でプロモーションのあり方も目まぐるしく変わっていますが、 電通テックは時代に合わせて進化したプロモーションを創り出し、実際に造って問題を解決できる。そこに魅力を感じて入社しました。 幅広いコネクションを繋ぎ合わせ、進化しているデジタル領域とオフラインを融合させるなど、可能性は無限大だと感じています。

クライアントの製品を全国で販売する店舗の運営に携わっています。 日々の運営のサポートや施策で配布するノベルティの制作、実施施策の有効性検証など、業務は多岐に渡ります。販売製品の基礎知識はもちろんのこと、サービスで提供するコーヒーやジェラート、提供時に使用する植物成分由来の環境に配慮した使い捨てカップについてなど、さまざまな知識を吸収しながら店舗運営と向き合っています。

入社から現在まで、同じクライアントを継続して担当しています。 担当した企業は一つですが、フェス系イベント出展の全体管理から始まり、売上や在庫などの数字の管理、そして今行っている店舗の管理と、幅広い経験を積むことができています。

自分が担当であるという責任感を持って、施策を成功させた時の達成感は計り知れません。入社2年の若手ですが、さまざまなことにチャレンジすることができます。次に自分がすべきことを自分で考えて行動するので、社外へ一人で赴くことも多々あります。プレッシャーはありますが、困った時には先輩に相談し、作業量が多いときはチームで分業ができる環境なので、一人で悩むことなく、毎日前向きに仕事ができています。

  • 8:00起床
  • 8:30保育園送迎
  • 9:30出社
  • 9:40資料作成
  • 12:00昼食
  • 13:00クライアントとの打ち合わせ
  • 16:00店舗での納品物確認
  • 17:30資料作成・システム改修
  • 21:00退社

2歳の娘を三輪車に乗せて家の周りをぐるぐるし(1時間程度、娘が満足するまで…)、 自宅近くのショッピングモールで娘に指定されたUFOキャッチャーでぬいぐるみをゲットし、妻と食材の買い出しを終えたら、家でお酒を飲みながらゲームをしています。

2歳と0歳の娘がいますが、多くのことは妻がしてくれていますので、「両立しています!」とは決して言えません。でも、休みの日や、早く帰宅した日、出勤前など、なるべく娘と話をするようにしています。平日に長い時間、娘に向き合うことはなかなかできていませんが、長めの休日の際は、家族旅行の中で動物や自然体験など、いろいろなことを経験できるようにしています。パパの担当業務である保育園送迎の際は、雨の日も風の日も、全力で自転車を漕いでいます!

自分がやりたいこと、なりたい姿を明確に見つけることはなかなか難しいと思います。 勉強、アルバイト、遊び、まだ経験していないさまざまなことにチャレンジしてみると、自分の知らなかった自分の“やりたいこと”や“なりたい姿”を見つけるヒントはいたる所に落ちています。考え込まず、さまざまなことに熱中して、エネルギーを余すことなく大学生活を楽しんでください。

SAITO SHUNSUKEPEOPLE