IDA TOMU IDA TOMU

プランナー/プロデューサー(総合職)

IDA TOMU

IDA
TOMU

中部支社 ビジネスディベロップメント3部 / 経済学部経済学科 / 2018年 新卒入社

考えたことをわかりやすく相手に伝える力。

「おもしろいことを考えたい」「センスの良いものをつくりたい」という思いの強い学生時代でした。具体的には、地元メディアの記事を企画をする活動と、SNSの投稿制作をする活動の2つに没頭していました。それぞれの活動を通して、企画と制作、両方のおもしろさを知ることができ、この時の経験は今の仕事を選んだきっかけになっていると思います。
一方で、学業より自分のやりたいことを優先していたので、常に落第ギリギリのダメ学生でした(笑)。

企画したものが世に出ていくまでの全フェーズに携われるという理由で選びました。「企画も!制作も!全部やりたい!」というわがままな思いを持って就職活動をしていたので、それを実現できる企業であることは、特に大きかったと思います。
また、企画から制作まで幅広い領域で、第一線で活躍されている方がたくさん在籍しているので、プロの技を近くで学べるということも決め手でした。

商業施設に関わる案件で、いくつかの施設の年間販促を担当しています。
この業務では、プロモーション領域に限らず、通常電通テックが行うことの少ない、媒体やPR手法を使ったメディアプランニング、“そもそもどういう施設を目指していくべきか”といったマーケティングコンサルのような内容も行っています。
全社的にも例の少ないチャレンジングな案件なので、産みの苦しみはありますが、その分たくさんの経験値を得ることができています。

入社から現在まで商業施設に関わる案件を中心に担当してきました。
1、2年目は、イベントやPR領域を中心に、イベント内容や告知手法のプランニングから、イベント当日の現場ディレクションまで、企画から制作にいたるまでの全フェーズを一貫して担当していました。
3年目〜現在は、担当領域が施設の年間販促全般に変わり、年間の全販促施策のプランニングおよび、プロジェクト推進といった役割を担当しています。

大きく2つあって、1つ目は“前例のないことにチャレンジすること”です。
電通テックとしてこれまで実例のないことや、世の中的に「こんなやり方あったんだ!」と言われるようなことを企画し、実施までもっていくことにやりがいを感じます。
2つ目は、“企画が思惑通りの結果を出したとき”です。イベントなどで実際に来場者の方のうれしそうなリアクションを見たときや、SNS上での好意的な口コミを見るとモチベーションが上がりますね。

  • 8:30起床
  • 9:30始業/メールやスケジュールの確認/タスクの整理
  • 10:30資料作成(企画書・見積もりなど)
  • 11:30昼食
  • 13:30クライアント様との打ち合わせ(プレゼン/進捗共有/各種確認)
  • 15:00社内打ち合わせ
  • 16:00協力会社とのオンライン会議
  • 17:00資料作成(企画書・見積もりなど)
  • 20:00終業

行きたい場所やイベントにとにかく足を運びます!
最近は、担当している案件の影響もあり、全国の商業施設を巡るのにハマっています(笑)
それぞれの施設でビジュアルやツール類、イベントなどに個性が出ていて、とてもおもしろいです!
あとは、HIPHOPが好きなので、Sound Cloudというアプリでひたすら音源を探したり、ライブイベントに行ったりすることが多いです。

“何をやりたいか”と“何が得意なのか”の2つをしっかり分析することに力を入れるとよいと思います。そして、この2つを実現するために、ある意味“使えそうだな”と思う会社を選んでみてください。
働くことはやりたいことを実現するための手段に過ぎないので、就活だからといって気負いすぎず、自分本位で会社選びをしてみると、充実した社会人ライフが待っていると思います!

IDA TOMUPEOPLE