OSADA KAZUKI OSADA KAZUKI

プランナー(総合職)

OSADA KAZUKI

OSADA
KAZUKI

サービスプロデュース事業部 / 商学部経営学科 / 2011年 新卒入社

チームに「+α」の価値を提供できる人材。

至って平凡な学生生活を送っていました。 学業もアルバイトもそこそこに、友だちと遊びほうける毎日でした。大学の食堂やファミレスを溜まり場にして、友だちとひたすら無駄話をしては盛り上がる日々を繰り返していました。そんな学生生活の賜物かどうかはわかりませんが、雑学や雑談力は養われた気がしています(笑)。

当時は「広告業界」について、まったくわからなかったのですが、大学で所属していたゼミの先輩が入社されたことをきっかけに電通テックという会社を知りました。その後、OB・OG訪問を通じて先輩の仕事の話を伺い、「この会社だったら、自分が起点となって、誰かの役に立てるかも!」、「ルールや枠に捉われずに、いろいろなことにチャレンジできるかも!」と思い、入社を決めました。

プランナー業務を担っています。直近では、国際スポーツイベントに協賛されているスポンサー企業のアクティベーションの設計や企画開発をはじめ、業種を問わず、幅広いクライアントの案件に携わっています。またフロントセクションに所属しているため、クライアントの目的達成や課題解決に向けた“最適解”を提案することを目標に、領域やソリューションに捉われない企画開発、施策設計を心掛けています。

入社1~3年目は、電通テック フロント部門のプランニング専門チームのメンバーとして、電通に駐在。電通メンバーとともにプロモーション領域における施策設計、開発に携わりました。入社4~6年目は、外資系消費財メーカーの担当となり、プランニングからプロデュースまでをワンストップで対応。7年目からは、国際スポーツイベント専門チームのプランナーとして、スポンサー企業の施策設計から開発まで、従事しています。

クライアントの目的を達成するまでの“道”を設計できることです。いただいた与件をもとに0から企画を設計するのですが、数ある情報の中から取捨選択を行い、仮設や論理を組み立て、その中でクライアントの“思い”を反映することができているのかを検証します。そうした一連の過程を自分が中心となって取り組めることは、非常に責任のあることであり、さまざまなクライアントをサポートできることをうれしく感じています。

  • 8:30起床
  • 10:00業務開始/メールチェック
  • 10:30部会(朝礼)
  • 11:00社内打ち合わせ
  • 12:00お昼休憩
  • 13:00企画書作成
  • 14:00クライアント打ち合わせ
  • 15:30社内メンバーとクライアント打ち合わせの振り返り
  • 16:00企画書作成
  • 17:00後輩社員と一日の振り返り
  • 17:30企画書作成
  • 20:00終業報告

天気の良い日には、散歩をしています。最近は運動不足になりがちなので、少し遠くの公園や神社まで歩いたり、近所でも今まで行ったことのない方面を散策したりしています。いざ意識して周りを見てみると、今まで気づかなかった発見があったりするので、 地味な趣味ですが、意外と楽しんでいます(笑)。

“ニュー・ノーマル”という新たな時代に突入したことで、皆さんが想像していた就職活動とは少し違った状況かもしれません。ですが、時代やスタイルが変わったとしても、企業も学生も“ヒト”同士であることに変わりありません。なので、多くのヒトと関われる就活という時間、そこで生まれるコミュニケーションを、存分に楽しんでください!

OSADA KAZUKIPEOPLE